屋根の塗装が変色する4つの原因と正しい塗装工事を受ける秘訣!

屋根塗装が変色する理由

屋根の塗装が変色する4つの原因

【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

屋根の塗装が変色してしまう理由ご存じですか?

せっかくお金を掛けて塗装した屋根なのに、たった3年程度で変色してしまったなんていう声を聞く事があります。

基本的にいくら紫外線が良く当たる屋根の塗装だったとしても、5~8年は持つものです。

良くいらっしゃるのが3年程度で変色してしまっても仕方がないと思われる方もいらっしゃるようですが、そんな風に思ってはいけません。

今回はそういった、屋根の塗装が短い期間で変色してしまう時に考えられる3つの原因をご紹介いたします。

屋根の塗装が変色する4つの原因

塗装の色が変わる原因

高圧洗浄を施工前に充分にやってなかった

屋根塗装を行う前に高圧洗浄で綺麗に清掃をしますが、その清掃の仕方が万度じゃない場合は塗料の付着がしっかりせずに早いうちに変色してしまう場合があります。

下塗りの不備

プライマーやシーラーなど下塗り材をしっかりと塗布していない場合は、塗料の密着が悪く早いうちに変色してしまう事があります。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

塗料の撹拌が足りていない

塗料は使う前にきちんと撹拌をしなければいけないのですが、撹拌不足により万度な塗料の状態での塗布にならなく、数年で変色してしまう事があります。

塗料を希釈しすぎ

塗料は場合によっては希釈しなければいけませんが、希釈しすぎる事で塗料の効果を発揮できなくなり数年で変色してしまいます。

このような事から、たった数年で変色を起こしてしまう事があります。

後で後悔しない為にも良い業者に相談をしよう

たった数年で変色を起こしてしまう場合は、業者の手抜きや材料や施工に対しての認識不足が大きな影響を与えているという事となります。

2~3年で変色を起こしてしまった塗膜を作った業者は信用出来ませんので、今後塗装の工事を依頼するのは避けましょう。

塗装工事は湿式工事であり、様々な液体や半練り材を扱う工事ですので、失敗をしてしまう事ももちろんあります。

簡単そうで、非常に難しい工事となります。

そのような材料をきちんと使いこなし万度な塗膜を作ってくれるのが、素晴らしい職人さんであり業者です。

湿式工事だからこそ、信頼ある業者に依頼するようにしましょう。塗装工事は、施工する職人さんの腕次第で大きく精度が変わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)