外壁がガルバリウム鋼板の場合に長持ちさせるメンテナンス法

ガルバリウム鋼板の外壁メンテナンス

ガルバリウムは板金の中で錆びにくく優秀な材料です。

板金の中でも軽い材料ですので、古い建物にリフォームで張っても余計な重さを建物に与える事が無いので、非常に扱いやすい材料でもあります。

ガルバリウム鋼板外壁の寿命と長持ちさせるポイント

しかし、100%劣化しない訳ではないので、ガルバリウム鋼板にも寿命が来ます。

ガルバリウム鋼板の難点と言えば、どうしても切断部分から発生する鉄粉により錆を発生させる傾向がある事です。

その為、部分的に徐々に錆びはどうしても発生してしまいます。ガルバリウム鋼板の錆びは、発生しても進行しにくいという性質があります。

その為、多少の錆が発生しても素材自体は強い板金ですので、最低でも15年は持つ板金と言われています。

大きく見積もっても、20年の寿命があると言えるでしょう。海沿い等塩分が強い部分で使うと、この場合ではありません。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

ガルバリウムの外壁はメンテナンスがとても重要です

多少の錆が生じてしまったら、補修液でメンテナンスを行うと良いでしょう。板金工事が終わった際に、業者に補修液を分けてもらいましょう。

錆が出てきている部分の錆びを綺麗に取り除き、タッチアップをして塗るだけで錆びの進行を防ぐ事が出来ます。

このように、ガルバリウム鋼板は、他の板金には無い、錆びにくい板金という性質があります。

外壁リフォームはガルバリウムの性質に詳しい業者に依頼をしましょう

この性質を最大限に生かすようにし、ガルバリウム鋼板の上から塗装するなんて事は絶対にしてはいけません。

余計な塗膜を乗せる事で、ガルバリウム鋼板の性質を発揮できなくなってしまう事があります。

特に、訪問販売等はガルバリウム鋼板の性質を知らずに塗装工事ばかりをオススメしてきます。

これでは、せっかくのガルバリウム鋼板も台無しです。

ガルバリウム鋼板を使った際は、全塗装等は間違ってもせずに、錆び部分のメンテナンスを行って使うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)