Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/careful/narashino-gaiheki.net/public_html/wp-content/themes/simplicity/amp/single.php on line 33

雨漏り個所の正しい発見方法や処置を行うポイントご存知ですか?

必見!正しい雨漏り箇所の発見方法!

<目次>

【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

習志野市で評判が良い外壁リフォーム業者リストを確認する

雨漏り箇所の正しい発見方法知っていますか?

突然自宅から雨漏りが発生してきた!そういう時「この家は大丈夫なのか?」と不安になる方も多いと思います。

雨漏りは気付いた時には症状が進行してしまっている事が多く、なるべく早めの対応を取るのが住宅の寿命を延ばす大事なポイントです。

けれども雨漏りの対処は、雨漏りの仕方により原因が解ります。

今回はその様な、どの部位で起きている雨漏りなのか、雨漏り原因の発見方法
について詳しくご紹介します。

自分でセルフチェック!状況別の雨漏り発見方法


少しの雨で雨漏りが起きる場合
ほんの少しの雨でも雨漏りが起きてしまう場合は、屋上防水のドレンの欠陥が原因の恐れがあります。
ドレン廻りの防水層の欠陥が大半であり、ドレン自体の腐食も原因になる場合があります。

雨が降ってからしばらくしてから雨漏りが起きる

雨が降ってから随分経ってから雨漏りがするという事は、雨漏りの原因から症状が出ている部分までの距離が遠いという事になります。

この場合は、防水層の表面劣化やひび割れなどの不具合による原因と言えます。


集中豪雨などの物凄い雨が降った場合の雨漏り

集中豪雨などの物凄い雨が降った場合の雨漏りは、想定外の雨の量に排水が追いついていかなかったことが原因です。

ドレンが詰まっていて排水しきれていない可能性がありますので、ドレンの詰まりを確認します。

ドレンに問題が無いのにオーバーフローしてしまう場合は、既存のドレンの数だけでは用が足りていない証拠となります。

ドレンを増設し、万度に排水が出来るようにします。


強風の際に雨漏りを起こす

強い風が付いた場合に起きる雨漏りは、外壁のヒビやコーキングの不備が原因の場合があります。

コーキングをチェックし、少しでも痩せ等の不具合がある場合は打ち直しを行います。

また、外壁周りに致命的なクラックが無いかを点検し、クラックがある場合は補修します。


多数の箇所に雨漏りが生じる場合
あちこちに雨漏りが生じてしまう場合は、屋上防水の経年劣化です。屋上防水の全面やり直しを行い、屋上防水からの水漏れを一切遮断します。

雨漏りしている理由を特定して正しい処置を行おう

この様に、一口に雨漏りと言っても様々な状態により原因が様々です。

起きている状態により雨漏りの原因がある程度特定されるので、原因と思われる部分を忠実に修繕して雨漏り防止へと繋げましょう。

また、こういった雨漏りの処置は理由をしっかりと突き詰めて検査をすると、検査費用だけでかなり高額なお金を取られてしまいます。

なので、雨漏りしてきた時には雨漏りしている可能性の高い部位から順々にリフォームを行って行くのが正しい進め方です。

そういった順序については、格安を売りにしているリフォーム店では無く、しっかりとした技術を持つお住いの県内で評判の良いリフォーム会社に依頼されて下さいね。

何かあったらすぐに廃業してしまう個人店や、怪しい訪問販売、責任の所在が不明なリフォーム紹介、一括見積りサイト等での対処はキケンですよ。

モバイルバージョンを終了