Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/careful/narashino-gaiheki.net/public_html/wp-content/themes/simplicity/amp/single.php on line 33

外壁工事を行う時の注意点知ってます?5つのポイントまとめ!

外壁塗装のリフォームを行う際の注意点知ってます?

外壁塗装のリフォームは、リフォームならではの注意点があります。

新規の塗装よりも面倒で難しい外壁塗装のリフォームは、特に注意して行わなければいけません。

注意点のポイントを、まとめてみました。

外壁リフォームを行う時に注意して欲しい5つのポイント

選んだ塗装の色は建物と合っているか

リフォームで外壁塗装を行う場合は、日本塗装工業の色見本で色を決める事が大半です。
そのため、普段無い色を選ぶ事も可能です。その際起きてしまう問題が、建物と合っている色なのかです。

自信が無い場合は業者にも相談をし、建物と合っているかを確認して選ぶようにしましょう。

下地処理をきちんとしなければいけない

新規の素材に塗装するのではなく、既存の素材に塗装工事を行います。そのため、上手くなじませる為には下地処理をきちんと行わなければいけません。

既存外壁の不具合の補修は可能なのか

外壁にはクラック等の不具合がある事が多く、外壁塗装の際はこれらの不具合を補修してから行います。

外壁の不具合に目を向ける業者は、外壁の状態をきちんと納めてくれる優れた業者と言えます。

長持ちする塗装材料なのか

塗装材料は、材料により耐久性が全く違います。お安い場合は、耐久性が低い塗装材料の可能性があります。

外壁塗装に使う材料の普及品はシリコン塗装ですので、最低でもシリコン塗装なのかを確認しましょう。

アクリルの場合は、5年ほどで塗膜が劣化してしまいます。

セールスのしつこい訪問業者とは契約しない

訪問業者は塗装工事の考え方が乱暴な業者が多く、既定の工程を行わない業者が多く存在します。

全ての訪問業者が良くない訳ではありませんが、良くない業者が多いのは事実です。

きちんとした外壁塗装のリフォームを行いたいのであれば、訪問業者ではなく地元の業者に依頼しましょう。

長持ちさせるには「塗装技術の高い会社」を選ぶ様にしましょう!

このように、外壁塗装のリフォーム工事だからこそ、目を向けてほしい部分があります。
建物を長く持たせる為には、外壁塗装の精度は欠かせません。

全国展開している様な大手の会社は、結局の所地域のリフォーム店に仕事を下請けで流します。安く買い叩いているので、「それなりの工事」しか下請けさんも行いません。

ネットで全国に販売している会社はもっとひどい状況で、工事のクレームが評判を見ていても乱立しています。

なので、しっかりと千葉県内で信頼できるリフォーム店にこういう仕事は依頼する様にしましょう。

モバイルバージョンを終了