Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/careful/narashino-gaiheki.net/public_html/wp-content/themes/simplicity/amp/single.php on line 33

外壁をウッド調にリフォームする時に最適な3つの手法まとめ!

外壁をウッド調にする時に適した3つの手法

【PickUp!】≫千葉県を中心に習志野市で評価の高い外壁リフォーム店3つ
千葉県民が選んだ3つの評判の良い外壁リフォーム会社。しつこい営業や暴利な価格では無く「家に一番良い」外壁工事をしてくれるから評判が良いんです。

最近外壁をウッド調にリフォームする方が増えています

おしゃれで見栄えの良い自宅にしたい!そう言う方は外壁を「ウッド調」のデザインにされる事が多いです。

木目を生かしたデザインで、ナチュラル感を強く押し出したデザインになります。

そんな外壁をウッド調に仕上げたい場合は、様々な方法があります。

今回はそういった、どの様なウッド調の仕上げが想像通りの外壁仕上げになるのか、例を挙げてまとめてみました。

ウッド調の外壁にリフォームする3つのポイント

ウッド調のサイディング

ウッド調のサイディングを使うと、短期間でウッド調の外壁を完成させる事が出来ます。
一般的な平版のサイディングの木目をあしらったものや、鎧張りに木目をあしらったものなど様々な物があります。

金属製サイディングにもありますが、ウッド調をサイディングで忠実に出す為には窒素系サイディングをオススメします。

ジョリパットなどの模様塗料でウッド調を引き出す

ジョリパッドなどの模様塗料には、ウッド調の木目を引き出す模様があります。サイディングの上からでもモルタルの上からでも、塗布可能です。

ジョリパットの豪華な塗料で、ウッド系を出すと意外と豪華に見えます。

羽目板を貼る

ウッド調ではなくウッドそのものなのですが、羽目板を貼る事で木の素晴らしい雰囲気をかもし出してくれます。

上から重ね張りする事も可能ですので、モルタル外壁やサイディング外壁が一気にウッド調に早変わりします。

木の塗料は耐候性に欠けているので、5年に1回などこまめな頻度で塗装をしなければいけないデメリットもあります。

外壁をウッド調に変える方法は、大きく分けてこの3つの方法があります。

ウッド調にリフォームする時は信頼できる業者に相談を

最近増えてきているのは、ジョリパッドなどの模様塗料でウッド調を作る方法です。塗料の色を次第では、かなりのウッド調を引き出してくれます。

また、外壁自体は変えずに開口部廻りに羽目板を回す事で、ウッド調の雰囲気をかもし出す事が出来ます。

どの手法があなたの家に適しているのかは、信頼できるリフォーム店に一度相談してみましょう。

幅100㎜程の貫を四方ぐるっと回し、お好きな木部塗料を塗布すると一気にウッド調の外壁へと変化します。

外壁をウッド調にすると、今までの外観の雰囲気がガラッと変わります。

カントリーな外観も流行っていますので、是非参考にしてみてはどうでしょうか。

モバイルバージョンを終了