Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/careful/narashino-gaiheki.net/public_html/wp-content/themes/simplicity/amp/single.php on line 33

外壁工事を左官仕上げで行うのが「見た目にも環境にも良い」と人気です!

外壁リフォームの左官工事は、モルタル外壁として昔から重宝されている工法です。

大きなメリットは、強度と防火性、耐久性が高く、建物を頑丈にしてくれます。

左官の外壁リフォームはデザイン性も高く環境にも良い!

1から塗り付けて壁仕上げにする工法ですので、平らに仕上げるだけではなく、曲面や凹凸等、様々な外壁仕上げを作り上げる事が出来る、とても優れものです。

特に、現代のような新建材が増える前までは、外壁に使うのが当たり前の材料でした。

サイディング等の新建材がどんどん増えていき、一時期は湿式工法のモルタル塗りは需要が減りました。

サイディングのデザイン性の良さと、乾式工法な部分が施工もスムーズになるせいか、とても重宝されてきてたのです。

ここ数年は左官のモルタル外壁がまた注目されています

しかし、ここ数年は、個性的な住宅を求めるようになったせいか、モルタル外壁もどんどん増えてきました。

モルタル本来の素晴らしさ、重宝しやすさなど、再度見直されるようになりました。

一般的なモルタルラス塗りだけではなく、漆喰・珪藻土・土等を使った外壁仕上げも求められてくるようになり、手で1から仕上げる左官仕上げの良さにニーズもどんどん増えています。

左官工事で外壁を作り直すと有害物質の無い壁を作りあげられる!

漆喰や土壁等は天然素材ですので、有害物質が一切含まれていないのも、今の時代に合った材料と言えます。

これまでの住宅は外国に憧れるような外観が主流でしたが、和モダンの良さも随分と再認識されてきました。

既存の外壁がモルタルの場合は、クラック部分を補修して漆喰や珪藻土で仕上げると、モルタルが持つ本来の良さを上手く発揮させる事が出来ます。

モルタルの外壁でも明るい色にする事は可能です!

どうしても明るい色にしたい場合は、その上から塗装仕上げをして、モルタルの良さを出す事をオススメします。

ジョリパット等の凹凸ある模様仕上げは、モルタルの良さを現代的な感覚で上手く引き出す事が出来ます。

せっかくのモルタル外壁を、サイディングで覆ってしまうなんてもったいないです。

個性が乏しくなるサイディングを使うのではなく、左官で外壁を個性的に演出しませんか。

ただこういった外壁の工事は誰にでも出来る物ではありません。

しっかりとした職人を抱えている、評判の良い外壁リフォーム店に依頼をされる事がおススメです。

モバイルバージョンを終了