屋根の形状の種類とそれぞれの「メリットデメリット」まとめ!

屋根の形状

建物に大きく影響を与える屋根の形状は、実は色んな種類があります。一般的によく見かける形状から変わった形状まで、様々です。

屋根の形状の種類とそれぞれのメリット

外壁と同様、建物の個性を表す為のポイントになります。よくある屋根の形状を、ご紹介します。

片流れの屋根

棟が無く、右から左まで1枚屋根で勾配を付けている屋根です。1枚屋根で棟が無いので、雨仕舞が良く雨漏りが起き難い合理的な屋根です。

施工の際も1番安価で作る事が出来ます。

和風・洋風どちらにも採用出来る屋根形状なので、多くの建物に見かける事があります。

切妻の屋根

中央に棟があり、左右に屋根勾配を作る山のような屋根形状。

片流れ屋根の次に雨仕舞が良いので、多くの建物に使われている屋根形状です。

真ん中に棟があるので、棟換気を設けると建物の呼吸がしやすくなるので、大変便利です。

寄棟の屋根

長方形の建物に4方向に傾斜を設ける屋根形状。片流れ、切妻の次に人気がある屋根形状です。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

この2つの屋根形状に比べると、屋根面積が多くなるので屋根工事が若干高くなります。

この3つの屋根が、よく住宅に見られる屋根形状です。

他には、方形(ほうぎょう)、陸屋根(ろくやね)、マンサード等がありますが、陸屋根やマンサードは雨仕舞が良くないので、オススメしません。

その他の屋根の形状と選ばない方が良い理由

方形(ほうぎょう)は、寄棟の建物の形が正方形のバージョンです。上から見ると、二等辺三角形が4つある屋根の形です。

一見何とも思わない屋根形状に見えますが、実は建築士の間ではあまりオススメ出来ない屋根と言われています。

元々お寺に使っていた屋根形状と言われており、習志野市内外でも一般住宅に使うと良くないという迷信があります。

あくまで迷信ではありますが、他にも選択肢がありますので方形はオススメしません。

基本的に屋根の形が単純な程建物の耐久性は上がります

屋根は、形が単純であればあるほど建物の耐久性を上げます。

複雑であればあるほど、雨漏りがしやすい要素が増えてしまうので、建物の耐久性を下げてしまいます。

複雑な屋根はカッコよく見えますが、建物の寿命を考えるのであれば避けるようにしましょう。

気になる方は、屋根のリフォーム等に強い業者さんにご相談される事がおススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)