Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/careful/narashino-gaiheki.net/public_html/wp-content/themes/simplicity/amp/single.php on line 33

外壁塗装工事の臭いに健康被害は無いのか気になりませんか?

外壁塗装の臭いや健康被害はどうなの?

【PickUp!】千葉県で施工能力が高いと評判の工事業者3つ!
工事で間違えがないのは「地域での評判が良い業者」に頼むのが一番です。地域の評価から選んだ業者リスト

外壁工事で気になる臭いは害が無いの?

外壁工事の際に気になるのは、塗装やコーキング等の独特の臭いではないでしょうか。

普段嗅がない臭いであり、体に大きな影響を与えてしまうのではないかと気になる方も多いと思います。

外壁工事で発生してしまう独特の臭いは、体に害はないのでしょうか。

外壁塗装やコーキング工事により発生してしまう独特の臭いは、臭いが酷ければ酷い程健康を害してしまう可能性もあります。

今の外壁塗装の材料は有害物質は少ない

ここ20年ほどの間に、外壁塗装やコーキングに使う材料はとても進歩しました。毒性のキツイ材料は少なくなり、実際殆ど採用される事は無くなりました。

その理由は、F☆☆☆☆の表示義務が出来てから規定以上の有害物質が入った塗料やコーキングを使う事が困難になってしまったためです。

現在外壁工事に使われている塗料やコーキング等の材料は、F☆☆☆☆の表示がある物を優先的に採用するようにしている為に、独特の臭いの心配は無くなりました。

外壁塗装は外的刺激を多く受けてしまう部位ですので、外壁素材に対する塗料の密着度の高さが重要視されます。

素材への密着は油性塗料の方が断然優れているので、外壁塗装に採用される事が多くありました。

溶剤系塗料は臭いがキツイと言うのはセールストークです

油性の塗料の場合シンナーなどの有害物質を多く含んでいると言われるセールスマンもいますが、現在の塗料は決してそう言う事ではありません。

環境問題を解決させる為に溶剤性の外壁塗料の改善が行われ、外壁塗装に適した塗料が多く出回るようになりました。

そのため、外壁工事における嫌な臭いを発する事に対しては、心配する事がありません

逆に訪問販売等で現在採用される外壁塗料のほとんどが水性の塗料ですので注意が必要です。

モバイルバージョンを終了